ヴィシュヌヤントラ

  • ¥800
    単価 あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


ヴィシュヌヤントラ

中サイズ 15×15センチ

小サイズ 7.5×7.5センチ

 

ヒンドゥー教の三位一体の二番目の神であるヴィシュヌ神は維持神と呼ばれています。

三位一体のほかの二つであるブラフマー神とシヴァ神はそれぞれ創造神と破壊神です。

美と豊かさの女神ラクシュミが伴侶であるヴィシュヌは、彼の乗り物である巨大な鷲のガルーダと共に描かれます。

ヴィシュヌ神の維持の力は10の異なったアバターや化身として地球に現わされてきました。

彼は世界の善と悪のバランスを復興し、ダルマを向上する目的で顕現しました。

ヴィシュヌの最も重要な二人の顕現は主ラーマと主クリシュナです。

主ラーマは社会におけるダルマを伴った生活を示す為にやってきたのに対して、主クリシュナは個人のダルマを教えるためにやってきました。ヴィシュヌ神が人の姿として地球上にいないときは、大海の中で、アナンダという10の頭を持つコブラに横たわる、ヨガンドラという状態(瞑想の状態)として見出されます。